学校沿革

筑紫台高等学校の歴史

昭和32年6月 学校法人九州工業高等学校筑紫分校として設立認可
土木科、建築科を設置
昭和33年4月 学校法人九州工業学園筑紫工業高等学校に改称
機械科、電気科を増設
昭和36年4月 電気通信科を増設(昭和38年4月電子科と改称)
昭和44年4月 自動車科増設
昭和52年4月 普通科増設
昭和53年4月 学校法人九州工業学園から分離独立し、学校法人筑紫工業学園を設立
昭和62年4月 電子機械科増設(電子科を情報電子科と改称)
平成2年4月 土木科を建設工業科と改称
平成4年4月 学校法人名、校名変更
学校法人筑紫工業学園 改め 筑紫台学園
筑紫工業高等学校 改め 筑紫台高等学校
平成5年4月 情報処理科設置
普通科特別進学コース新設
建設工業科を土木科と改称
平成10年4月 普通科体育進学コースを設置
情報電子科を電気科に統合
平成13年3月 情報電子科廃止
平成14年3月 普通科体育進学コース廃止
平成14年4月 総合学科設置
平成18年4月 土木科募集停止
平成20年4月 情報処理科をコンピュータビジネス科と改称
平成21年3月 土木科廃止
平成24年4月 普通科アドバンスコース新設
平成29年 筑紫台高等学校 創立60周年