オープンスクール

学校感染症届けについて

1. 感染症により欠席した場合

裏面の『出席停止願』の医療機関記入欄と保護者記入欄を記入後、出校後10日以内に担任へ提出してください。

2. 感染症の疑いにより欠席した場合

感染症に罹っていなかった場合は、検査日を『出席停止』とします。そのため、欠席・早退扱いにはなりません。 この場合、検査日のみ出席停止となり、それ以降は通常の欠席とします。 別紙『出席停止願』の医療機関記入欄・保護者記入欄を記入後は、出校後10日以内に担任へ提出してください。 なお、証明書の発行につきましては、別途費用がかかる場合がありますのでご了承ください。 用紙は、こちらからダウンロードしてください。

3. 学校感染症と出席停止の基準

分類 病名 出席停止期間
第1種 ※1 治癒するまで
第2種 ①インフルエンザ

②百日咳

③麻しん

発症後5日、かつ、解熱後2日(幼児3日)が経過するまで

特有の咳が消失するまで、または、5日間の適正な抗菌剤による治療が終了するまで

解熱した後3日を経過するまで

④流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発現した後5日間を経過し、かつ、全身状態が良好となるまで
⑤風しん

⑥水痘

⑦咽頭結膜熱

発疹が消失するまで

すべての発疹が痂皮化するまで

主要症状が消失した後2日を経過するまで

⑧結核 症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで
⑨髄膜炎菌性髄膜炎 症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで
第3種 ※2 症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで
その他の感染症 ※3 症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで

※1・・・エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ熱、ラッサ熱、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、 急性灰白髄炎(ポリオ)、鳥インフルエンザ ※2・・・コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎 ※3・・・溶連菌感染症、ウイルス性肝炎、手足口病、伝染性紅斑、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症)
かぜ(感冒・上気道炎など)は出席停止扱いとはなりません。

感染症届ダウンロード


PAGETOP