私立学校の授業料に対する支援制度について

■ このページ内の申請用紙等のPDF開示には、全学年に新年度開始時期に配布する『支援制度について(保存版)』文書に記載されているPDF開示パスワードが必要です。
保存版文書を紛失した世帯、申請用紙等をダウンロード・印刷できない世帯は、事務室の生徒窓口にも置いています。

【1】 保護者負担軽減金(県特別交付金)

県からの支援 ◇ 申請は不要です。

支給額
全生徒に対し一律月額500円が支援されます。

支給方法
校納金より差引として支給します。

【2】 就学支援金

国からの支援 (“授業料実質無償化”といわれている制度です。)

◇ 申請が必要です。
【新入生:4月(4~6月分に対する申請)】
入学時にオンラインシステム『e-Shien』からの申請、マイナンバーカード(写し)等の提出が必要です。
【全学年:7月(7月~翌年6月分に対する届出)】
毎年6月頃、必要な手続きについてご案内する予定です。

【3】 学校納付金軽減

県からの支援 
◇ 対象世帯のみ申請が必要です。

対象世帯
対象は基本的に低所得世帯となります。右の『申請項目・必要書類一覧表』をご覧ください。

支給額
(授業料+教育充実費(+実験実習費))-(上記制度【1】+【2】) ※最高9,900円

支給方法
基本的に支給額決定後は校納金より差引として支給します。

【4】 奨学給付金

県からの支援
◇ 対象世帯のみ毎年申請が必要です。

基準日
■ 新入生 早期給付(4~6月の3か月分の前倒し給付):4月1日現在

■ 全学年 通常給付(年額給付※但し早期給付分を除く):7月1日現在

対象世帯
保護者が福岡県に住所を有し、上記を基準日とし生活保護で生業扶助を受給している世帯・道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税の世帯・家計急変により非課税世帯に相当する世帯

支給額
福岡県が世帯区分により支給額を判定します。(詳細は申請開始時期に右に掲載する「申請概要」でご確認ください)
※新入生の早期給付は4~6月分相当額の前倒し給付となり、通常給付も申請した場合は年額から早期給付の額が差し引かれます。

支給方法
申請時に登録する口座へ、福岡県が直接決定額を一括で振込み支給します。

▼ 福岡県外にお住いの保護者の方へ ▼
保護者が福岡県外に在住する生徒は保護者が在住する各都道府県に直接申請していただくことになり、各道府県で申請開始時期が異なります。
右に各道府県のお問い合わせ先にリンクしていますのでご確認ください。
また申請の際に必要な『在学証明書』は学校事務室で発行しております(発行手数料100円)。県からの指定の様式がある場合はその用紙を持参してください。

■ 福岡県教育文化奨学財団の奨学金(貸与)について

保護者が福岡県内に生活の本拠を有し、経済的理由により修学が困難な生徒で奨学金(貸与)を希望する方は、右にリンクしている福岡県教育文化奨学財団ホームページの「資料」をお読みになり、「願書」に添付書類を添えて学校事務室まで提出してください。
※毎年 3 月末頃、新年度へのリンク先に更新します。

願書受付期間
■ 在学募集:4月
■ 緊急募集:在学募集受付終了後~翌年2月末

※明確な願書受付期間は、年度初めに配布する【支援制度について(保存版)】に記載いたします。
期間を過ぎての受付は一切できません。また、不備は再提出となりますので提出前に「資料」の中の『貸与願書チェックリスト』でご確認ください。

支援制度に関するお問い合わせ

筑紫台高等学校 事務室

TEL: (092)923-0010


筑紫台高校YouTubeチャンネル

PAGETOP